【496ワイナリー 】                      シクロヴィンヤード

- 元プロサイクリストのワイン物語 -


グラスを交わす皆様に幸福の1ページを綴っていただきたいとの願いを込めて、地域個性を映した、こだわりの高品質な日本ワインを造っております。

 

社名は、シクロ(フランス語=自転車)ヴィンヤード(英語=ブドウ畑)、園主が元プロの自転車競技選手だった事に由来します。

 

【 496(シクロ)ワイナリー 】の命名について、

この度、自社醸造場設立にあたり、新たに愛称として「496ワイナリー」という名称を加えさせていただきました。シクロを語呂合わせして、シ(4・よん) ク(9・きゅう) ロ(6・ろく) 「496(よん・きゅう・ろく)ワイナリー」とお呼びいただいても構いません。

因みに496という数字は、パーフェクトナンバー(完全数(自分自身を除く正の約数の和に等しくなる自然数))と呼ばれる数字の一つで、古代ギリシャで神秘の数字と崇められたナンバーだそうです。語呂も合う素晴らしい数字の力を借りて、皆様の幸福の一杯となるよう、願いを込めました。

 



最新のお知らせ  496便


 (最終更新 2019年8月21日)  

 弊社、初醸造のシクロヴィンヤード シードル、早くも軽井沢の某高級フレンチレストランの食前酒としてメニューリスト入りするなどご好評いただいております。

暑いこの季節にぴったりのシクロの辛口シードルをお試しください。

 【 ショップ開店の日時について 】

6月30日より、弊社、初醸造のお酒、シードルの販売を開始いたしました。蔵出しスタート!

開店時間は最新の情報をご確認くださいますようお願い申し上げます。

次回の開店は、 9月1日(日) 12:00~15:00 

を予定しております。畑作業多忙のため、皆様にはご不便をお掛けして申し訳ございません。何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。オンラインショップは通常通り営業中です。

 

※ワイン販売は隣接地の別棟で販売となります。酒税法に拠り、現在、発売中の2017年ヴィンテージのワインは当面(2018年ヴィンテージの発売まで)新設したワイナリーでは販売、試飲を行うことが出来ません。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

ワイナリーショップでは現在、シードルのみ販売中です。

詳しくはこのHP上の3月16日付BLOGブログをご覧下さい】

 

【2018年ヴィンテージの販売について】

昨年、収穫の弊社ブランド
「シャルドネ2018」
「ソーヴィニヨン・ブラン2018」...
「ピノ・ノワール2018」
のワインは諸事情により発売はございません

収穫をお手伝いいただいた皆様、発売を楽しみにしていただきましたお客様には心よりお詫び申し上げます。

(詳しくは、フェイスブック、シクロヴンヤードページ3月30日をご覧下さい)

 

神の雫に掲載のお知らせ】3月7日発売の雑誌 モーニングに連載中の漫画「神の雫」に弊社ワインを取上げていただきました。

モーニング 2019.3.21(3/7発売)

No.14 神の雫 最終章 日本ワイン飲み比べ。

 

【アマンダメルロー2017 発売中】 

 お世話になった、ワイン好きの大切な あの方へ...。

シクロのワインは、ミシュラン☆獲得店でも採用される確かな品質、ぜひ、大切なあの方への贈り物にお選びください。

   

 【 ミシュランガイド☆獲得飲食店採用 2軒目 】

おかげさまで、「シクロヴィンヤード パシュート ソーヴィニヨン・ブラン 2017」が神奈川県内某所のミシュランガイド☆獲得飲食店で採用されております。(東京都内飲食店に続き2軒目)

白桃や柑橘系ニュアンスが爽やかな、ふくよかで凝縮感のある果実味をお楽しみになれる白ワインです。2017年はより収穫(熟期)時期にこだわりました。是非、お試しください

 

【ワイナリー設立サポーター募集】

シクロヴィンヤード株式会社 ワイナリー設立

サポーターズ倶楽部のご案内』(※タンデム=二人乗り自転車)

 

東御市の左岸(旧北御牧村)で初ワイナリー設立を目指しております。皆様のご協力なくしては、タンデムは走れません。共にペダルを濃いで(飲んで)いただけるワイナリー設立サポーターを募集します。

皆様、何卒よろしくお願い申し上げます。



商品案内

弊社、ワインの紹介


オンラインショップのページより商品の詳細をご覧ください。

Facebook

日々の畑の様子や、最新情報をお届け




VISION

- 理念 -

園主のワインにかける情熱をお客様に...



VINEYARD

- 圃場 -

信州八重原の大地に抱かれたワイン畑...

 



WINE MAKING

- 醸造 -

いよいよ自社醸造場着手のとき...



HISTORY

- 園主 -

熱き思いを胸に、元プロサイクリストの第2の挑戦...