小説で知る

ワインと自転車のトリセツ

ヴィンヤードに吹く風

 

ヴィンヤードに吹く風

 

☆朝日新聞デジタルで、紹介していただきました。

 https://www.asahi.com/articles/ASS5923G2S59UOOB00HM.html

 

 元自転車選手のワイン醸造家が小説執筆

 

 

 

☆信濃毎日新聞で紹介していただきました。

 

  ワインと自転車魅力薫物語

 

 

小説で知る  ワインと自転車のトリセツ

 

ただ、面白いだけの小説の時代は終わった!

一読三鳥のニュー スタイル エンタメ小説

明日、誰かに話したくなるマメ知識満載

エンタメ読んで、ワインや自転車のこと学べゃう

カヌレって、ワインが起源・・・!? ワインや自転車に興味がなくても楽しく読めちゃう、繋がってる

 

ワインと自転車が紡ぐ、ヒューマン エンターテインメント物語

 

著者:飯島 規之 (弊社、代表取締役)

*流行のAIやゴーストライターも試しましたが、自身の妄想を他人に書いてもらうのはムリだった、

 と、弊社、代表が、畑でブドウの世話をしながら、構想を練り、ガチで書いたエンタメ小説です。

 

令和6年4月15日発売開始。

全国の一般書店(注文・取り寄せ)、ネット書店にてお買い求めいただけます。

 

 

 

ヴィンヤードに吹く風(上)

発行 銀河書籍

発売 星雲社

 

ISBN  978ー4ー434ー33833ー5

Cコード C0093

 

持ち運びにも楽な、小B6判 サイズ

(新書判よりも、少しだけ縦は短く、少しだけ横が長いタイプです)

 

 

日本初??  農作物 小説⁉

この小説「ヴィンヤードに吹く風」は、畑(*)から生まれた農作物です。

 

*注 小説の構想を練ったのは、ブドウ畑だけでは、ございません。東御市内の温泉の湯ぶね、明神池を散歩中等々。

小説の聖地巡礼の際には、ブドウ畑の他、温泉や池にもお越しくださいませ。

*ワイン醸造家で、自転車の元世界チャンピオンが、小説を執筆すると、こうなる ・・・!? 

 

*動画の時代だ! 時代を、あと取り(?!)・・・、

 最旧端、パラパラのおまけ付き。

 

*アナログ生成N.I(※)の描く、ワインと自転車が紡ぐ、ヒューマン エンターテインメント物語 

 

*架空の物語であり、自叙伝やドキュメンタリー作品ではありません。

 実在の個人や団体とは関係がございません。

※N.Iとは、著者のイニシャルです

 

 

*題名 ヴィンヤードに吹く風(上) 小説で知る ワインと自転車のトリセツ  

 *品目  エンタメ小説        

*原材料 ワインと自転車         

*執筆地 長野県東御市八重原   

*著者 飯島 規之                   

*サポート 山本 暖子            

*アルコール度数 0%     

*企画  シクロヴィンヤード株式会社

*風化防止剤 無添加              

 *内容量  53,918文字

 

 

*物語酔いなど、涙腺の決壊に注意して、ハンカチをご用意の上、お読みください。

 

*常温保存可能ですが、お買い求め後は、目のつく場所へ留め置き、風味の変わらないうちに、お早めに読み切ってください。

本書 小説で知る ワインと自転車のトリセツ「ヴィンヤードに吹く風」は、マンガ構想から派生しております。

文章中、稚拙な表現を承知の上で、わかりやすく敢えて、セリフ(「  」)文などを多く配しております。

読解力を必要としない小説です。

高いレベルの文学作品をお求めの方には、お勧め致しません。

 

 登場人物の名前が覚えられないなど、小説をを読むのが苦手な人。

 

 ただ、知識を得るだけじゃ、味気ない、もの足りない。

 

物語が、あった方が記憶に残るなど、一読三鳥を求める方にお勧めいたします。